2017・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/03 (Sun) これだけ
今日のよかった誰かとの思い出も
いつか忘れてしまうのだろうか
無かった事になるのだろうか
明日消えてもおかしくない
もう5年前のことなんて忘れてる
ほらね
誰と何があったか
この人が誰かなのか
覚えてなんていない
今まで何人であったのか
全員を覚えているなんてありえない
久しぶりに会っても誰だか思い出せない
これっぽっちの人間だったんだよ


スポンサーサイト

2007/05/04 (Fri) 儚い青い空
どうすればいいのか…
どうすれば…
君とずっと一緒にいられるのか…
そう、僕に見えない場所でうずくまる君の気配を感じるたびに
青空の下で笑う
君の笑顔を見るたびに想い悩み…
今という時間を君と歩きながら
まるで、影のように後ろに伸びていく過去に答えを求め…
君と僕がまだ出会っていなかった日々を考える
もしも…なんて
あり得ないコトを考えるのは無意味で
そんな事を考えても過去は戻らないのに…
遠いのか近いのかわからない終り見つめるように
目を細めて明日を見つめ…
君の右手を握りしめながら
胸の痛みと切なさを抱きしめる

君と出会えなかった日々を…
抱きしめるように…

せめて…
もう少しだけ…
もうちょっとだけでも
君に早く出会えていたら、
僕らの時間は
今よりももっと長くたくさんの季節をめぐり…
今よりももっと君と手を繋いでいられたのでしょうか
もっとたくさん…
君を抱きしめていられたのでしょうか…
僕に見えない場所でうずくまる君の気配を感じるコトも…

こんな切なさを君と一緒に抱きしめるコトも…
なかったのでしょうか

答えのわからない問いかけは
今という時間と、僕に向かって笑いかける君の笑顔に打ち消され
けれど、完全に消えるコトなく、握りしめた僕らの手ひらの中に溶け…
そこから生まれる苦しみに僕は唇を噛みしめる…
君のいる世界は空の色も…、吹いていく風も…
こんなにも鮮やかで、こんなにも穏やかで暖かで…
でも、だからこそ切なくて…、大切で愛しくて…
僕は昨日を想い、明日を想い…

君といる今を想いながら、君の手を握りしめた

出会えた奇跡と…
永遠に続かない現実…
終わりに向かって歩く僕らは…
矛盾していて…
けれど、いつの日も君と迎える明日を目指して、僕は君と歩き続ける
立ち止まった瞬間が、永遠ではなく終わりだと知ってるから…
君と一緒にいられる日々を時間を…一秒でも長く伸ばすために…
前へ前へと…僕の方を向いて微笑む君を…
昇っては沈んでいく太陽を見つめるように
目を細めて…眩しく見つめながら…


君への想いのように…切なさは尽きないけれど…



-------------------------------------------------
えぇと、、、
HPそろそろ改装しようかなんて思って
TOPに載せてたポエムをこちらのほうに、、、
書いたのは結構前ですね
ハイ

自分よく改装してるよな、、、
なんでだろね?
すぐ飽きるから?
次は黒と白でいきます
そしてチョット気に入ったピアノの素材
ピアノの上に置かれた枯れかけの薔薇がなんともいえないです
心も枯れてるからそう思うのかな?



2007/03/25 (Sun) 自分
好きな人には
好かれない...というより
君の気持ちが
よくわからない
別にそうでもない人から
好かれるのは
ちょっと複雑

自分のことでさえ
よく判ってないのに
君に判った様な眼で
見られたくない

私らしいって何?


--------------------------

今日1日疲れた。
今日は食欲ねェなぁー
久しぶりの・・・・ポエム?



2007/01/23 (Tue) 初めから
笑ってる時

怒ってる時


どんなときも君が好き

つらい時

我慢しないで


泣いていい


恥ずかしくなんてない

ありのままの自分をさらけ出して

何もかも受け入れて


今日だけでもいい

思いっきり泣いて


一粒の涙が

僕を安心させてくれる


ずっと ずっと ずっと

一緒にいるから


明日から

笑えばいい


初めに戻った気持ちで

一からやり直そう

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--


よしっ!
頑張るぞ(何を……?


最近ポエム書きすぎだぁー
3日連続かぁーー。
しかも似た時間にUPしちょる…


2007/01/22 (Mon) 綺麗な空の下
誰かといるのは疲れた

救いの手なんてくれなくていい

むしろ いらない


皆僕のことは諦めてる

判ってる

嘘なんてつかなくていい

本当のことを言えばいい


信じては傷ついて

その繰り返し


信じることも

傷つくことにも

何もかも

疲れた


何かする気力すら残ってない


通りすがりの君でいい



僕を殺して



何の罪も無いのは判ってる


やるなら早くして

早く楽にさせて

どんな方法でもいい

誰かが来る前に



青く綺麗な空の下で

僕の願いが叶う


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

こんなの迷惑ですよね。

通りすがりって、、、



2007/01/21 (Sun) 生と死の狭間で
この世に生まれてくると同時に

死のスイッチが入る


いつ何が起こるかわからない


まだこの世にいるということは

必然的偶然で

生きているということは不思議なのだ



いつもと変わらない風景

決して同じ雲を作らない空


この世で一度も見たことが無いような

そんな気持ちにさせる

綺麗な景色


もうすぐ死ぬのかな

それでも まだ


しぶとく生きている



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


今回は比較的短いポエムですね。
半月ぶりのポエムどす。

自分、91歳までいきるらしいですよ?


早く死ねばいいのに……


2007/01/05 (Fri) last day
初めてあった日はいつだろう

生まれた日ではないのは確かだ

何日か過ぎてからのことだろう


でも 最後にあった日のことだけは

何年もたった今でも


覚えてる


小学校に入って初めての参観日


3時間早く誰か来た

誰だろうと思い見たとき

パパだとすぐわかった


4年も会っていなかったのに

顔なんてはっきり覚えていなかったのに


先生が私の名前を呼んだ

パパと何を話したのかわからない

多分


『元気か?』


など聞かれたのだろう


休憩時間が終わると

パパは去っていった



誰にも言うことができなかった

言ってはいけない気がした


夏休み前1本の電話があった

10分くらい話しただろうか

これでもう


最後の話になるだろうと思った



今のところは....


それからずっと

会ったり話していない

どこにいるのかさえ…


誰かに聞けば

身をえぐるような感じで

誰にも聞けない



いつかまた

会える日が来たら…



新しい人生を

切り開いていってくれてると


うれしいな…




----------------------------------

最後の日でした。


2006/12/17 (Sun) 気付いてやれば…
怖かった

怖い理由がやっと判った


今判っても

もう 遅いよね


思っているのと違うかもしれないけど

今 思い当たるのはそれしか無い


あの時 気付いてやれなかった

折角
言ってくれてたのに


気付いてやれなかった

鈍感な自分に腹が立つ


自分を責めても何も無い

わかってる

でも

責められずにはいられない

心が痛い

あの時 ちゃんと気付いて

言ってあげればよかった

もう 遅いよね

今からでも間に合うかな



------------------------------------------
ホンマ怖かった...



2006/12/06 (Wed) crime...
1年が過ぎて
また 1年が過ぎる

あの日に近づくたび
鮮明に記憶の片隅から引き出されていく

あの時に戻ったかと錯覚してしまう

忘れたいと思えば思うほど 忘れなくさせる


あの時 罪を犯した

身体から消えそうに無い罪を


今でも 身体が覚えている


あの感覚


あの流れていったものも


何もかもがよみがえってくる


また罪を犯すのではないかと怖くなる



だけど

もう あの時の自分には戻らない


罪を犯したあの日には




--------------------------------------------
12月になると思い出されます。
12月じゃなくても思い出すときは思い出しますけど。

そーいや最近よくポエム書くなぁー
10日ぶりですか。
前は1ケ月に書くか書かないか
もしくは何ヶ月も書かないときあったしね。
それに比べたらよく書いてるなぁ・・・・


2006/11/26 (Sun) 孤独の時間
屋根に溜まった水が


地面に打ち付けられる音

水溜りに落ちていく音

川が勢いよく流れる音


自分独りだけにしてくれる


目を閉じれば 孤独の時間が広がる


しとしと降る雨が


嫌な音を消してくれる

嫌な思い出をも消してくれる


純粋な水のように

変えてくれる気がした


目を開ければ 現実に戻される


…戻りたくなかった…


いつまでも 暗い闇の中で

何も考えないで居たかった

だけど いつかは戻らなければならない


秒針の音が聞こえ 騒音も聞こえた


雨はまだ降っていた

空から零れ落ちるように


曇った窓硝子を手で拭いた

窓硝子が冷たすぎて 手が凍って砕けそうだった


いっその事砕けてほしい

身も心も 全身砕けてしまえばいい

消え去ることができれば

どんなに良いか どんなに楽か


いつの間にか雨は止んでいた

塵1つ無い澄み切った夜空

あんなキレイな星空は初めてだった



-----------------------------------------------
これ打ち込んでるとき
自分スッゴク病んでる!?って思った。
このポエム書いたとき
確か休みだった木曜日のことかな。
16:30に起きて…ってカンジで。
で、無性にポエム書きたくなって書きました。

その後古典の宿題急いで頑張って・・・
あぁーしんどかった。



※今日のうめしばのお昼(?)ご飯は11時に食べるらしいです…(なんの情報やねん!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。